焦がしてしまったら   1) 焦がした鍋にぬるま湯を入れます。
2) 大さじ1の重曹を入れ、かき混ぜます。
3) 食用油を少量(2・3滴)加えます。
4) 鍋を火にかけ、沸騰したら火をとめます。
 (この時、重曹+食用油が石鹸のような役割をします。)
5)そのまま数時間置き、 冷めたら中のものを捨て、スポンジで洗います。
※焦げがひどい時には、何度か繰り返してください。
サビについて   琺瑯には工程上、鋼板の切断部にあたる端部(フチ部など)や、焼成時に、吊り具で吊るした吊り跡・置き跡等、釉薬がかかりきらない箇所があります。
又、衝撃や落下などで表面のガラス質が欠けた時には鉄地(にぶい銀色)が露出することがあります。
このような箇所は、水分や酸、塩分が付着したままの状態にすると、サビが生じます。
※製品の形状上、端部や吊り跡は外面にあるものが多いですが、ケトル・ポットの場合は、内面の注ぎ口付け根部の穴のまわりが鋼板の切断部になる為、サビやすい箇所となります。
鉄サビですのでご安心いただけますが、防止するためには、ご使用後は水分を切り、乾燥させてください。

鋳物琺瑯(いものほうろう)について
鋳物琺瑯(BRICO(現在は廃盤)・KAMADO)の鍋本体や蓋の縁は、琺瑯の釉 薬をかけることが製造工程上不可能な為、表面被膜を施していますが、サビやすい箇所になります。
サビが出た場合、市販のサビ取り剤(消しゴム型のもの)でこすってください。食用油を塗るとさらに サビの防止になります。
※消しゴム型のサビ取り剤は、鋳物琺瑯のフチ部など鉄部分には有効ですが、その他の琺瑯製品やガラス質部分には、表面を傷つけるおそれがある為お避けください。
お取扱いについて   ・琺瑯の表面はガラス質です。衝撃や落とすなどのショックを与えないでください。
・ストーブの上でのご使用はおやめください。
・空焚きは絶対にしないでください。空焚きをしてしまった時は、
 水などをかけずに自然に冷めるのを待ちます。
・使用後は、洗い、よく乾燥させてください。
・金属タワシ、研磨剤などのご使用は、表面を傷つけますので
 ご使用にならないでください。
・表示容量は経済産業省の表示法により満水容量表示です。
 煮こぼれしないように、表示容量の7割以下でご使用ください。
 
Copyright (C) 2005 noda horo co.,ltd. All rights reserved.